ONE~turn technic snowboardcontest~

7th ONE

今年も野麦峠スキー場様の全面協力により、2017年3月5日(日)に

【7th ONE~turn technic snowboardcontest~】を開催します。

そして【7th ONE】は今回でFINALとなることをご報告させて頂きます。

急なお知らせと思う方もいるかと思いますが、実はFINALは最初から決めていました。


正直ここまで何事もなく開催出来たのは、本大会に携わって頂いたスキー場・関係者様、スポンサー様、信頼できるジャッジの方々、出場選手の皆さん、運営スタッフ・プラチナメンバーのお蔭です。本当にありがとうございました。


1stONE 2ndONE 3rdONE 4thONE 5thONE 6thONE 7thONE開催毎のカラーを繋げると虹色になっていくひつのメッセージは、人は虹を見れば「あ!!虹だ」と必ず言います。笑顔になります。何か得した気分になります。そんな思いをスノーボードの楽しさ、悔しさ、技術向上、スタート、チャレンジ、いろんなモノをONEに詰め込んで開催してきました。


今回でFINALを迎える訳ですが、ONEはひとつの区切りを終えて次へのステップとして向かっていく最後の大会となります。


皆さま【7th FINAL ONE】をどうぞよろしくお願いいたします。



ONE 村田 亜代子


ONEとは

ONEとはマテリアルや性別関係なく、今あなたが持っている資格のNo.1を決めるスノーボードコンテストです。
カテゴリーも資格毎なので、同じレベルで競い合うからみんなさんも勝てるチャンスあり。
MEN’sにチャレンジしたいと思っているそこの男前女子!大人に勝ちたいキッズたち!誰にも勝てるチャンスはあります。
栄光のONEに輝くのは?Men’sかWoman’sかそれともKid’sが勝つか!?

今までなかったスノーボードコンテスト!テクニカル好きスノーボーダーのみなさん必見です。

ONEの特徴

マテリアルや性別は関係なく、カテゴリーを指導資格とバッジテストに大きくふたつに分け、更に細かく分けているのが特徴です。
例えば、2級を持っている方ならCLASS-2へエントリー、自分を試したいという方はその上のCLASS-1にチャレンジエントリーも可能です。
テク選に出たことない方やバッジを持ってないという方もご安心。カテゴリーが細かく分かれているので自分に合ったCLASSを選んでエントリーしやすくなっています。
興味はあるけど・・・という方も、ロング・ショートターンが出来ればエントリーOKですよ。
また、以前はバッジ持ってたけど今は無い、という方もその時の資格以上であればエントリーできます。
ただし、カテゴリーを繰り下げてのエントリーはおやめください。

*カテゴリー内の資格はスノーボードのバッジや指導資格を基準とするもので、本大会は独自によるものです。各団体とは一切関係はありません。
編 集